40年以上 債務整理を専門に解決

吉田法律会計事務所

笑顔の子供と母親

ご相談は何度でも無料です

受付 平日12:00〜18:00 土曜10:00〜15:00

空の画像

任意整理とは

任意整理とは弁護士や司法書士が債務者の代理人となって、債権者と利息・損害金・毎月の支払額などについて交渉をして、借金の減額を図る方法です。債務者は和解成立後、和解にもとづいて支払いを行います。

裁判所を介さず弁護士や司法書士の方が債権者と直接交渉をします。和解後、3年〜5年くらいで返済できる金額に減額してもらう方法です。

借金減額についての画像
葉っぱのライン

任意整理のメリット

会社や家族に知られることなく処理することが可能

自己破産手続きの場合、官報(政府が発行している新聞のようなもの)に掲載されますが、任意整理の場合は掲載されることはないので、会社や家族に知られることはありません。

取り立て・催促が一切ストップ

弁護士や司法書士は依頼された時点で債権者に介入通知(受任通知)を送ります。これを受け取った債権者は、債務者に対して催促や取り立てができなくなるのです。

借金の減額や利息のカットで月々の返済が楽になる

減額したり、今後の利息をカットすることができます。これにより、毎月の支払いが返済可能な額に減額され、3〜5年の完済を目指すことができます。これらの和解交渉はすべて弁護士や司法書士などの専門家が行ってくれるので安心です。

過払い金の返還が可能

返済年数にもよりますが、利息制限法による法定金利で借り入れと返済の再計算をすると、元本とその利息は完済されているのに返済を続けてしまっている場合があります。この払い過ぎたお金は、消費者金融から取り戻すことができるのです。

資格制限がない

自己破産の場合、破産手続き開始が決定されてから免責が確定するまで、一定の職業につけなくなります。任意整理ではこのような制限はありません。

裁判所へ出頭しなくてもよい

借金が数件ある場合、一部の借金のみの債務整理が可能

手続きの全てを弁護士・司法書士などの専門家に任せることができる

葉っぱのライン

任意整理のデメリット

借金の減額は利息制限法に基づく金利の引き直しの範囲内で

借り入れが長ければ長い程、減額や過払いの可能性があります。1~3年位であれば将来の利息のみの減額になるでしょう。

個人信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に登録される

一定期間は住宅ローンや車のローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることは一般的に難しくなります。しかし、今後の生活をやり直すためにはローンを組んだりクレジットカードを作ることは好ましくありません。要は借りなければいいのです。

債権者が和解に応じないことがある

任意整理は裁判所を通さずに行う債務整理の方法なので、債権者が和解に応じてくれない場合もあります。しかし、弁護士や司法書士が交渉を行ってくれるので、よほど悪質な場合でなければ、大丈夫でしょう。

葉っぱのライン

任意整理の手続きの流れ

任意整理の手続き1
任意整理の手続き2
任意整理の手続き3
任意整理の手続き4
任意整理のポイント